(ベニバナインゲンマメ)

8月26日撮影
京都市北区杉坂にて
 紅花隠元はハナマメと呼ばれ大変美しい花を咲かせる豆類です。豆類に咲く花は色彩が豊富なので楽しくなります。「白・ピンク・淡黄・淡紫」そして朱赤色の紅花隠元豆。何年か前に写真で見て以来、幾人もの農家の方に、この豆のことを尋ね歩きましたが、情報も無く、夏も終わりに近づき、豆栽培も花期が終わり、実が大きくなりはじめ、撮影を諦めておりましたところ、「京都の北山渓谷の杉坂で、少しだが赤い花の咲いている豆を見た。」 と連絡が入って来ました。すぐに市内から山道を、目的地に走りました。人里離れた山越えも苦にはならず、ただそれが紅花隠元豆であることを願いつつ、山道を幾つか曲がった時、北山杉越しに、赤い花が色鮮やかに、太陽を受けて咲いているのが、目に飛び込んできました。私には幻の花と思える程の感激と衝撃。じっと紅花隠元の朱赤色の花を見つめて思いました『野菜の花を撮っていて良かった』と。