(エダマメ)

7月12日撮影
京都市北区大宮にて
 産地以外の所では、枝豆だけの畑を見ることは出来ません。畑の畦道にぐるりと枝豆が植えてあるのが現状です。枝豆の花が畑一面に咲いているのを見ることが出来ず、少々残念です。枝豆のことを毛豆とも呼ぶのは、莢の部分だけでなく、茎も葉にも濃い産毛が密生しているからです。そんな中に咲くピンク色の小さな花は可憐な乙女のようです。枝豆は大豆が完熟する前に、収穫をしたものをいいます。
 中国では毛豆と呼ばれ、食用栽培が盛んでした。インド、マレーシア、インドネシア(ジャワ)でも枝豆栽培の記録があります。大豆の原産は中国です。「つるまめ」から出たといわれています。大豆が欧米で栽培され始めたのは新しく、フランス、ソ連では18世紀、イタリア、米国では19世紀に伝わりました。