京都発 情報ファイル

二条城本丸御殿
震度調査で倒壊の恐れ
 京都市中京区の二条城で国の重要文化財に指定されている本丸御殿4棟のうち2棟が調査の結果、震度6強以上の地震で倒壊の恐れがあることが判明。京都市では春と秋に実施している特別公開を今秋から中止して本格的な調査の上、補修工事を行うとのことです。
 再開には5年以上かかるものと見られます。
 また、重要文化財の東大手門も土塀が倒壊する危険性があるとのこと。また、見学は本丸御殿以外は通常通り可能とのことです。
 二条城への18年度の観光客数は約143万人。
 春秋に行われる本丸御殿特別公開での入場数は約3万6000人とのこと。