京都発 情報ファイル

京漬物の西利、京都府下に研究所
 京漬物大手西利(京都市下京区)は8月1日に漬物用の野菜を生産研究する完全子会社「京つけもの西利ファーム」を京丹後市弥栄町に設立しました。
 弥栄町は西利の原料主要産地で京野菜などの栽培を通し、高品質な原料づくりに取り組むとしています。弥栄町は西利創業者の出身地でもあります。
 そして、このファームは京都府農業開発公社が所有する農地2.5ヘクタールを借り受けたもので、つけものの主要材料である聖護院だいこんやキュウリ、日野菜など13品種を栽培し1,500トン程度の収穫を見込んでいるとのことです。また、味や効率的な野菜の育成などを研究するとのこと。