京都発 情報ファイル

京都産業大学に天文台出現か
 京都産業大学では創立50周年(2015年)に記念事業としてキャンパス内に口径1メートルの反射経緯台式望遠鏡を備えた天文台を2009年3月に開放するとのことです。
 これは大学生や研究者のみならず中学生や高校生にも解放するとしています。
 初代学長の荒木俊馬さんが天文学者で、射手座が大学のシンボルマークになっていることから天文台設置構想が持ち上がったとのことです。