京都発 情報ファイル

New OSK日本歌劇団
52年ぶり南座公演
 経営難から新会社へ事業譲渡されたNew OSK日本歌劇団の京都公演が南座で開催されました。
 これは大阪松竹座で生まれたOSKが戦後、南座で公演したのは京マチ子らが出演した1948年と55年の2回だけで、52年ぶりとなります。今回は劇団創立85周年記念とあって実現したものです。
 演物は来年の「源氏物語千年紀」にちなんだ新作「源氏千年夢絵巻ロマンス」を第一部とし、第二部ではダンスのOSKをアピールしています。松竹では「評判がよければ、また南座で、ということも考える」としています。さてその評判は・・・。