京都発 情報ファイル

万能細胞研究に5年で100億円
 文部科学省は来年度、万能細胞研究に約22億円を投入することを決めました。この支援は継続して5年間で約100億円を投入する事になります。
 これは京都大学の山中伸弥教授らのチームが人の体細胞から万能細胞の作成に成功したことを受けたものです。
 さらに、これとは別に山中教授が加わる研究の拠点プログラム「物質−細胞統合システム拠点」にも来年度約14億円、5年間で約70億円が投入されるとのことです。