京都発 情報ファイル
泉涌寺宝物展
京都市東山区の泉涌寺宝物館で「泉涌寺と塔頭寺院の絵画」展が開かれています。狩野派絵師や僧侶が風景や仙人を題材にした仏の世界を表現しています。中でも狩野探幽の「鯉の図」は激流に逆行するコイを躍動的に描き、狩野山雪は仙人の姿を色鮮やかに表現しています。また松花堂昭乗はユーモラスなかれた筆致で「布袋」を描き、人気を呼んでいます。会期は10月25日までです。