京都発 情報ファイル
漢検、事件後初の検定
 財団法人「日本漢字能力検定協会」は6月6日学校などの単位で申し込んだ受検者を対象にした漢字検定の団体受検を実施しました。これは背任事件後初めての検定です。今月21日に全国で実施される個人受検と7月までに行われる団体受検を合わせた志願者数は昨年同期の約7割の60万人とのこと。不祥事の後、初の検定としてはまずまずで、新体制造りの始まりといえます。
 また6月9日の前理事長の父子が別の背任容疑で再逮捕されました。