京都発 情報ファイル
京都市・充電設7月下旬から設置中
 京都市は、電気自動車(EV)普及事業の具体策を発表しました。それによりますと、7月下旬から順次、市内11行政区に計40基の充電設備を設け8月にはEV公用車5台を導入します。そして、EVカーシェアリングの実験も始めるとしています。
 充電設置場所は区役所や駐車場など30ヶ所の公共施設で充電器3基や200ボルトの通常タイプ31基を来年3月末までに整備します。中でも全国初となる蓄電機能付きの太陽光発電充電設備2基も、右京区の市体育館と伏見区の青少年科学センターに設置するとしています。