京都発 情報ファイル
一遍上人像お戻り=火災の東山・長楽寺
 京都市東山区長楽寺は昨年5月の火災で一部が焼けた収蔵物の建て替えが終わり重要文化財の一遍上人像など難をのがれた7体の祖師像が1年半ぶりに戻ってきた。この収蔵庫は木造の屋根が焼失し鉄骨の柱のみが残るだけとなってしまいましたが、祖師像や古文書は消防隊員や警察官らによって運び出され無事でした.この度、全体が鉄骨造りになって完成。7体の像が安置されました。これを記念に11月30日まで新収蔵庫に特別公開されています。