京都発 情報ファイル

五家の美、ハプスブルク展好評
13世紀から600年以上欧州を支配したハプスブルグ家は絵画史に残る多くの画家を召し抱えました。 これらの中で巨匠による作品を中心に120点が公開されています。
会場は京都国立博物館で3月14日まで。
テレホンサービス  075-525-2473
中でも気になる作品を。 透き通るような肌をのぞかせるエリザベート27歳の等身大に近い肖像画です。 人一倍、美にこだわった50センチのウエストを維持するため体操室まで作って体型を保ったとのこと。 ただ美しい画面の背景の暗いこと。悲劇の皇妃を暗示しているようだ。