京都発 情報ファイル

一万円で二条城の「一口城主」に
 京都市では、世界遺産・二条城(京都市中京区)を30年ぶりに大修理する方針を決め、この夏頃から、寄付を呼びかけると発表しました。
 一万円の寄付者に「一口城主」の位を贈り、入場料無料などの特典がある城主手形を発行するとしています。具体策はさらに詰めていく予定です。 二条城は、徳川家康が1603年に京の居住として築城したもので、幕末には慶喜が大政奉還を発表した場として知られています。 年間150万人が訪れる名所で、二の丸御殿(国宝)や京大手門(重要文化財)などが大地震で損傷する恐れがあるとされ、2011年以降、文化庁と協議しながら、補強工事を行うとのことです。寄付等の受付など詳細は追って記します