京都発 情報ファイル

分譲マンションのバリアフリー改修支援 京都市
 京都市は分譲マンションのバリアフリーの改修を支援する助成制度を創設。工事費の半分を助成する仕組みで希望する管理組合を募っています。
 京都市内には約1500のマンション管理組合があり、築20年以上のマンションは、500程度あるとのこと。
そこで高齢者向けの改修を促進するため、この制度を設けたものです。対象となるのは、マンションの共用部分のバリアフリー改修で、廊下の段差解消やスロープ、手すりの設置、エレベーター建設となっています。
 工事費の半分を助成しますが、1棟当たりの上限は100万円とのこと。締切は5月末で問合せは住宅政策課075-222-3656へ。