京都発 情報ファイル

壬生狂言 春の公開
壬生寺(京都市中京区)では、壬生狂言の春の公開が21日から29日まで行われます。この狂言は、鎌倉時代の僧・円覚が佛の教えを説くために始めたとされ、かねや太鼓、笛のお囃子に合わせて、仮面姿の演者が無言で演じます。演目は「炮烙(ほうらく)割り」「土蜘蛛(つちぐも)」など、30演目から1日5演目が演じられます。問い合わせは、壬生寺075-841-3381へ