京都発 情報ファイル

京の花街ファッション紹介誌
 京都の舞妓・芸妓を彩る衣装や髪型、小物などを写真や文章で紹介する「京都花街ファッションと美の心」が淡交社から出版されました。
 写真と文章は、京都の花街の取材を続けて13年になる相原恭子さんです。かんざし、化粧、着物帯、帯留め、足袋と履物、小物など7章に分け、それぞれが持つ意味や歴史などが紹介されています。そのほか、西陣織や京友禅の職人、美容師ら伝統を支える人たちの話しも掲載し、花街で培われた美意識を多角的にとらえています。