京都発 情報ファイル

「乳房文化研究会」が京で発足20年
 女性の体と心についての研究をつづけてきた 「乳房文化研究会」(事務局 京都市)が12月発足 20年を迎え、これを記念に特別研究会「メッセージ. フロム3.11 母乳でつなぐ命パート2」を来春 1月28日午後1時半から京都市南区のワコール本社で 開催します。
 当日は乳房文化研究会会長の田代真一さんが 「環境汚染と母乳哺育」を題に意見をのべるほか、 放射線防護学専門の安斎育郎さんが「からだの中の 放射能」、諏訪中央病院名誉院長の鎌田実さんが 「いのちのバトン」と題してそれぞれ講演し、 パネルディスカッションも開かれます。無料ですが定員200人です。
 問い合わせは 同研究会事務局 075−682−1178へ