京都発 情報ファイル

部落開放運動「水平社」創立90年

「人の世に熱あれ、人間に光あれ」と宣言し、部落開放運動の原点となった全国水平社の創立から今年で90年を迎えることを記念して、さる3日、当時開催された京都市左京区の岡崎公会堂がある京都会館で開かれました。  同和対策の特別措置法の失効から10年月でもあり、特別な思いでの式典となりました。
 1922年被差別部落の青年たちが立ち上がり差別撤退を求めて全国水平社が生まれました。その流れをくむ部落開放同盟では水平社宣言を世界記憶遺産への登録をめざすとしています。