京都発 情報ファイル

新島八重子回想録ー同志社出版部から刊行ー
 NHK大河ドラマ「八重の桜」がスタートしましたが、この回想録は1928年(昭和3年)、同大生が84歳の八重から聞き取り、「同志社新聞」に連載され、これを単行本として40年ぶりに復刻したものです。
 新島襄との出会いから、短気だったという襄とのやりとりなどの思い出など率直な語り口で披露され、八重子とも名乗っているとのこと。一部書店でも販売。問い合わせは同志社エンタープライズ075-251-3027へ