京都発 情報ファイル

タンスから小判ざっくざく
 滋賀県長浜市の旧家四居家(よついけ)の土蔵から、江戸時代の「慶長小判」や「正徳小判」をふくむ金貨、銀貨など85点が見つかりました。
 現在の貨幣価値に換算すると2000万円程度に相当するとのこと。発見された桐タンスとともに、市の曳山博物館で1月27日から一般公開されます。問い合わせは同館0749-65-3300まで。