京都発 情報ファイル

表現の自由、言論の自由か
日頃、政治経済問題で辛口批評を展開している好評の京都政経調査会(代表・佐藤輝氏)が昨年12月10日付け(平成26年)で突然、「人間の欲:金があってもまだ欲しい!」のタイトルで特定の人物の行状や個人の行跡など個人攻撃ともとれるネット予告がでました。その後、如何なる記事となるのか注目、期待していたのだが・・・。今では予告記事も削除されています。