京都発 情報ファイル

関西電力の京都蹴上発電所の一般公開始まる
蹴上(けあげ)発電所(京都市左京区)が3月2日から一般公開されています。この発電所は我が国初の事業用水力発電所でびわこ疎水を利用して明治24年に運転を開始。その電力で日本で初めて営業運転を行った。京都市電にも使われました。127年経った今でも現役の発電所として電気を送り続けています。まさしく近代日本の象徴です。見学会は毎週金曜日の午前10時からと午後1時30分からの2回。定員は毎回20人です。詳細や申し込みは同発電所075-205-5352へ。