きょうのきょう

2000年12月21日 午後3時配信
カボチャを食べて、中風除け

 冬至の今日、北区の不思議不動院においてカボチャ供養が行れた。カボチャ供養は中風除けや、ぼけ封じにご利益があるといわれている。
  この寺に安置されている高さ50センチの弘法大師像は鎌倉末期の作と推定されており、もともと醍醐寺にあったもの。いつもカボチャが供えられていたことから、カボチャ大師の愛称で呼ばれるようになった。
 その尊像の御霊移しの儀の前夜、「余は南瓜(かぼちゃ)大師なるぞ。わが法徳によって無事息災に人々を救わん」とお告げがあったという。これにちなみ、本堂にカボチャを供え無病息災の祈祷が営まれる。
 約150個のカボチャ、200kgが前日より甘く煮られ、本日参拝者にふるまわれた。