きょうのきょう

2000年12月28日 午後1時配信

お稲荷さんの迎春準備

 伏見区にある伏見稲荷大社に、長さ8メートル、直径20センチ、重さ60キロの大きなしめ縄が登場。毎年この時期に「しめ縄張り神事」が営まれ、迎春の準備がされる。
 しめ縄には長さ1メートルほどの稲穂が約30束下げられているが、これは京都府北桑田郡美山町の農家から奉納されたもの。
 しめ縄だけでなく伏見稲荷一帯、迎春準備が進められており、約250万人と見込まれる三が日の初もうで客の受け入れ態勢を整えている。