きょうのきょう

2000年12月29日 午後3時配信

ミニ仏像展好評

 京都市左京区で飲食店を営む望月正樹さんが、一人暮らしのお年寄りたちの心の支えになればと陶仏づくりを始め、今回ひとにぎりの土で作った陶仏20点を並べた個展「にぎり佛展」をホテルニュー京都で開き話題となっています。
 このミニ仏像は「にぎり佛」と称し片手でにぎった土に丹念に顔を彫り、知り合いの伊賀地方の陶芸家の窯で焼き上げたもの。全て手の平に収まるサイズで、一体ずつ微妙に表情が異なり素朴な味わいを持つ仏像となっています。さらに望月さんが独学で学んだ書画も展示されています。
 この催しは来年1月11日まで開かれています。入場は無料です。
 お問合せは 075-701-5413まで