2002年10月4日 午後8時配信
御香宮神幸祭
御香宮神社

 御香宮(ごこうのみや)神社は、神功皇后を祭神として祀る伏見九郷の総鎮守。そのため、同神社の神幸祭は「伏見祭」とも呼ばれ、洛南の秋の大祭として盛大に行われます。先月28日夜の「花傘総参宮」から既に始まっている祭ですが、明日5日の「宵宮祭」、6日の「武者行列」や「神輿宮入」で祭はクライマックスを迎えます。
 祭の期間中、行列に出る神輿3基や、獅子、鎧兜などが極彩色の建物で知られる御香宮の境内に祀られています。たくさんの露店も並び、氏子や観光客が秋の週末を賑やかに楽しんでいます。
ところ 御香宮神社(伏見区御香宮門前町)
電話 075-611-0559
交通 近鉄京都線「桃山御陵前駅」徒歩約3分
    京阪本線「伏見桃山駅」徒歩約5分
     
◎御香宮神幸祭
・宵宮祭  10月5日(土) 19:00〜
・武者行列 10月6日(日) 10:00〜
・神輿宮入 10月6日(日) 17:30〜