2002年10月30日 午後10時配信
献菊展と瓦磨き
西本願寺

 西本願寺の総御堂(阿弥陀堂)前で開催されている「本願寺献菊展」の菊が見ごろを迎えています。現在、白洲に並べられた約400鉢の花がほぼ咲きそろっており、早朝から大勢の参拝者の目を楽しませています。この献菊展は「秋の法要」の修行される11月23日まで行われ、最終日には入賞者の表彰式が行われる予定です。
 西本願寺は、現在、世界遺産の御影堂が平成大修復工事中。この工事は平成20年度(2008)まで行われる予定ですが、今日は美しい菊が並ぶ白洲横の工事現場で、御影堂の大屋根から'00年に下ろされた屋根瓦を、門徒衆の奉仕隊が磨く作業を行っていました。4900平方メートルの屋根を覆う瓦の総数は11万5000枚にも及び、およそ8割の8万枚から9万枚は新しい瓦に葺き替えられますが、2割は古い瓦を残す予定。門徒たちは、約360年の間に瓦にたまった泥や汚れを、一枚ずつ丁寧にたわしで落としていきました。
ところ 西本願寺(下京区堀川通花屋町下ル)
交通 市バス「西本願寺前」すぐ
HP http://www.hongwanji.or.jp/
     
◎本願寺献菊展
11月23日(土・祝)まで 5:30〜17:30
見学自由
◎秋の法要(全国門徒総追悼法要)
11月22日(金)、11月23日(土・祝)
10:00〜