2002年11月7日 午後8時配信
御火焚祭
貴船神社

 今日7日、貴船神社で御火焚祭(おひたきさい)が営まれました。この御火焚祭は、6月に行われる大祓式(おおはらえしき)と並ぶ貴船神社で最も大切な神事のひとつ。貴船神社は水の神様を祀る神社ですが、大祓式が貴船の神秘的な水の霊力に罪穢を取り除くのに対し、御火焚祭は水の神が火の神様から生まれたことにちなんで、五穀豊穣や水や火の恵みに感謝し、火の霊力により、穢れや災いを祓う祭典。
 11時から本殿でロクロヒキリと呼ばれる古代の方法で神聖な火がおこされた後、境内に組まれた10000本の火焚串にその火が灯されました。火の神と水の神にまつわり貴船大神が出現したという故事を詠んだ大祓詞(おおはらえのりと)を神官と参列者らが奉唱する中、真っ赤な炎が高い秋の空に上っていきました。
ところ 貴船神社(左京区貴船)
交通 京都バス「貴船」徒歩約5分
HP http://kyoto.kibune.or.jp/jinja/