きょうのきょう ―今日の京―

2016年11月30日 午後7時配信
京の年中行事、吉例顔見興業始まる


メイン写真
サブ写真1東西を代表する歌舞伎役者が出演する京の師走行事「吉例顔見興業」が11月30日からはじまり、12月25日千秋楽となります。今年は京都四条の南座が耐震改修で休館中のため「鴨川をどり」で知られる先斗町歌舞練場(京都市中京区)で初めて催されます。また、五代目中村雀右衞門の襲名披露も兼ねています。出演者の名が踊る「まねき看板」が南座正面に上がる恒例の風景ですが、会場は先斗町歌舞練場のため「興業まねき」は同歌舞練場正面に飾るなど異色の風景となりました。さらに客席が南座の約半分とコンパクトなので客席と舞台との距離が近いのが特長で役者の息づかいが聞かれたり、今までにない臨場感や親近感を堪能できます。出演は藤十郎、仁左衛門、海老蔵、愛之助ら豪華な顔ぶれです。公演に関する問い合わせは南座075−561−1155へ。