京の観光

2017年10月16日 午後6時配信
今年も時代祭の季節到来


メイン写真
サブ写真1ようやく秋らしくなりました。秋立ち、山の装い、里では祭りの季節です。京都では10月22日「時代祭」が催されます。明治の維新勤王の山国隊を先頭に江戸から安土、桃山、そして延暦時代へとその時代の風俗行列が全長2キロに渡って市の街中4〜5キロの道のりを練り歩き、まさしく動く絵巻物となります。なかでも豪華な時代衣装に身を包んだそれぞれの時代の主人公に扮した行列は目を張るものがあります。小野小町、静御前、巴御前も登場します。この行列は正午に京都御苑を出発して午後2時半頃祭りの本体である平安神宮に到着します。また、夜には奇祭「鞍馬の火祭り」が開催され、長さ2メートル、重さ50キロもある「大松明」25基を地元の男衆が担ぎ、門前町を通り抜け、山道を駆ける姿は勇壮にして圧巻です。
サブ写真2