京の観光

2017年12月12日 午後6時配信
「顔見世興行」始まる


メイン写真
サブ写真2京都の師走を彩る年末恒例の歌舞伎「顔見世興行」が南座改修中のため代替会場のロームシアター(京都市左京区岡崎)で始まりました。今年の特徴は親子4人で襲名する中村芝翫さんら人気役者が華やかな舞台を繰り広げています。襲名口上や「寿曽我対面」「義経千本桜」「二人椀久」など昼夜の部を含め7演目が上演されます。一方、耐震化修理中の南座では招き「看板」が見られないのは寂しいとして興行で活気付く姿の巨大な絵(縦11メートル、横13メートル)を掲げ、人目を惹いています。この絵は日本画家の故・樋口富麻呂さんの作品を約18倍に拡大印刷したものです。
サブ写真3サブ写真4
サブ写真5サブ写真6
サブ写真7