京の観光

2018年8月1日 午後6時配信
祇園祭


メイン写真
サブ写真2京都の7月は祇園祭一色となります。1日稚児が八坂神社の神前に奉告する御千渡(おせんど)に始まり、2日は山鉾巡行の順番を決めるくじ取り式から作事方(さくじかた)と呼ばれる職人によって巨大な山や鉾を一本の釘も使わず縄と木ぐみだけで組み立てます。その間各町では神事が行われ前祭り(17日)の巡行までに宵山を服め30万人の人出で賑わい、後祭(24日)の山鉾巡行となります。その後も町内の屏風展示や30日の還幸祭では八坂神社で町衆が神輿を担いでの練り物で一ヶ月に渡り祇園祭が終わります。そもそもは八坂神社の祭礼ですから祇園会と称することもあります。