京の観光

2018年8月1日 午後6時配信
鴨川納涼床、梅雨の晴れ間のオアシス


メイン写真
サブ写真25月1日オープンした納涼床。二条から五条まで約3キロの鴨川沿いには90軒の床が並び、例年よりは盛況で好スタートとなりました。梅雨の合間も人気です。鴨川の流れを眺め、瀬音を聴きながら潤う東山を借景にして料理に舌鼓を打つのもまた格別です。でも本格的に納涼床を楽しむのはやhり梅雨明けからでしょう。ちなみに鴨川いん「二川あり」と称して右岸を流れる禊川(みそそぎ)の上に建つのが納涼床です。ご参考までに。
会期は9月末までです。