京の観光

2018年11月22日 午後7時配信
錦秋の京に歌舞伎の華


メイン写真
サブ写真2「吉例東西顔見世興行」。耐震工事を終え、3年ぶりに南座にまねきが上がり南座界隈は賑わいを見せています。新装となった南座正面の歌舞伎絵も新調され歌舞伎ファンならずとも観光客の目を惹きつけています。そして、前期の千穐楽を前に盛り上がりを見せ、やはり二代目松本白鸚、十代目松本幸四郎、八代目市川染五郎親子、三代の襲名披露が興行の目玉となっています。12月に入りますと1日から演じ物を替えて後期の興行となり、京の師走を飾ってくれます。千穐楽は12月26日となっています。問い合わせは南座075-561-1155へ。
サブ写真3サブ写真4
サブ写真5サブ写真6
サブ写真7サブ写真8
サブ写真9サブ写真10