京の観光

2019年11月8日 午後7時配信
巨大絞り几帳 「京の四季」公開中


メイン写真
サブ写真2公開されているのは京都絞工芸館(京都市中京区)で我が国伝統の技でもある絞り染を京の絞り職人が8年の歳月を掛けて制作した大傑作です。京の四季が描かれており、一幅がそれぞれ幅6・5メートル高さ3メートルの大型で見応えのある展示となり圧巻です。「春」の作品はかがり火にゆらめく円山公園の枝垂れ桜を描いています。「夏」は辻が花を惜しげもなく施した五山の送り火を、「秋」は紅葉に映える八坂の塔から見える高台寺、知恩院、永観堂までをライトアップした風景となっています。「冬」は月光の井、幻想的に浮かぶ北野天満宮の寒梅の古木を描いています。公開は12月23日まで。お問い合わせは同館(京都市中京区油小路御池下ル)。075-221-4252へ。