京の観光

2020年9月9日 午後5時配信
「聖地をたずねて」
「―西国三十三所の信仰と至宝―」―特別展・京都国立博物館―


メイン写真
サブ写真2(フォト1,2,3)
西国三十三所は京都、大阪、兵庫、和歌山、岐阜など7府県に点在する33の観音霊(札所)で、巡礼路の総距離は約1000キロと言われます。

(フォト4,5,6,7,8)
今回は2018年に草創1300年を迎えた記念特別展で寺以外での初公開となる京都・頂法寺(六角堂)の秘仏「如意輪観音坐像」や醍醐寺の重要文化財「千手観音立像」清水寺の「十一面観音立像」、そして納経帖や曼荼羅図など約170点の至宝が一堂に展示されています。

この機会を利用して各仏像それぞれの優美さに触れてください。会期は9月13日まで。
問い合わせは同館075-525-2473へ
34
56
78