京の観光

2021年9月27日 午後7時配信
京の円山公園(国の指定名勝)再整備終了
往年の姿に



メイン写真
フォト(2)(3)
京都市が進めていた円山公園の再整備事業が完了し、文化的価値の高い部分を修復するなどの作業で本来の姿にふさわしい公園となりました。円山公園は明治19年に開園し京都市で最も古い公園で作庭の異才と云われた七代目小川治兵衛らが造園、現在の原型が出来たとされます。昭和6年に国の名勝に指定されました。円山公園は東山を借景にし公園自体に包み込む技法をとった、スケールの大きな公園です。

フォト(4)、(5)
今回の再整備は樹木の大胆な剪定や伐採、トイレ等の建て替えも実施しました。

フォト(6)、(7)
そして目玉整備は「ひょうたん池」の東側には”せせらぎ”を造り水の流れに沿って散策を楽しむことが出来ます。

フォト(8)
これによって観光客や市民にとっての憩いの場として再認識して欲しいものです。

フォト(9)
昭和30年代までは市民の憩いの場として賑わったものです。
円山や 花も実もなる 東山
34
56
78
9