京の観光

2022年7月14日 午後7時配信
祇園祭の山鉾巡行3年ぶりに再開
−宵山行事も例年通り−



メイン写真
サブ写真2祇園祭の山鉾巡行3年ぶりに再開。宵山行事も例年通り行われます。

フォト2
この七月に催される京都祇園祭での山鉾巡行が前祭(7月17日)、後祭(24日)がコロナウイルスの影響で中止されて3年ぶりの再開となります。

フォト3
勿論、宵山も例年通り実施され夜店も出店されるとのことです。待ちに待った祇園祭の行事です。

フォト4
人出もコロナ禍前の76万人と予想され、ある統計によりますと138億円の経済効果が期待されるとのことです。
ただ、心配されるのはコロナ感染者が全国的に微増傾向にあり、三密の合言葉も反古となり俗に言う自己責任となることでしょうか…。悩ましいことです。

フォト5、6
元来、祇園祭は疫病退散、平和を祈念しての神事ですから、コロナ禍でも実施して欲しいと願ったものです。それだけ価値ある国家行事とも表現できます。

フォト7
また、今年は196年ぶりに「休み山」となっていた「鷹山」の復活です。江戸後期、暴風雨で壊れたものを関係者の努力で復活、巡行に参加できることになりました。

フォト8
「鷹山」は高さ17メートル重さ約10トンの大型の曳山で鉾に匹敵する大きさです。辻回しが必要で楽しみです。

34
56
78