関西プレスクラブ便り

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの森岡毅執行役員が講演

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の森岡毅執行役員(41)が6月23日、クラブの定例会で講演しました。

7月15日に新エリア「ハリー・ポッター」の開業で外国人の来場者は年間で100万人を予想していると語り、従来から倍増になるとの見通しを示しました。また、「ハリポタ効果」で7月15日以降の全体の予想数は昨年同期の6倍に上り8月の来場者数は180万人の大台に乗る可能性があるとして昨年の130万人を大きく上回って過去最高の見通しになると語りました。このため混雑が予想されるが、長くて30分以内で入場出来る仕組みを作り喜ばれる施設とします。

こうして「ハリポタ」で世界から人を関西へ動かして日本を元気にしたいとその抱負を語りました。

2014.6.23(村田)